NEWS

溝の口満点塾とは

知る人ぞ知る隠れ家的な個人塾
「私がここに通っていることは誰にも教えたくない」「うちの子の受験が終わるまで誰にも知られたくない」溝の口満点塾は塾生とそのご両親から【私だけの特別な塾】として愛されています。「先生には申し訳ないけど、やっと見つけた理想の塾だから、あまり目立たないようにしていてほしい」と言われることもあります。個人塾としては驚異的な合格実績を誇る当塾が最も大切にしているのは【親子の信頼関係】です。親子と私との三者面談を毎月行っており、それを楽しみにしている方もたくさんいらっしゃいます。【今の我が子と有意義な受験期を過ごせるのは今だけ】です。愛情・信頼・尊重のもと、塾生たちはこの隠れ家のような塾の中で、目指す道へと力強く歩みを進めています。何でも話せて心がすっきりする居心地の良い塾、それが溝の口満点塾です。

「満点塾」名前に込た思い
塾生には常に上を目指して打ち込んでほしいという思いから「一番塾」という塾名も候補にあがりました。しかし、一番を目指す精神には、時に周りの失敗を望むような邪心が起こりやすく、人としての成長を妨げてしまう危険性をはらんでいます。満点を目指すというのであれば周りは一切関係ありません。完全に自分の努力次第です。だから、満点を目指して打ち込む精神態度には隙がありません。狙って満点を取ることによって、やればできるという自己信頼が生まれ、試験や試練に強い精神を持つ自立した人間へと成長していくのです。また、満点を取れば一番も付いてきます。この世の中で、人間のやることに完璧なものなど一つもありません。だからこそ満点を目指して打ち込むことに価値があります。満点塾で学んだ生徒には、満点の人生を目指して歩んでほしい。このような思いを込めて「満点塾」と名づけました。

溝の口満点塾の「理念」

一、私たちは、本学を第一、末学を第二として、美しい日本人を育てます
二、私たちは、子どもたちを能動的学習者として認め、支援します
三、私たちは、感動のリレーで世の中を動かし、貢献します

理念は組織や個人など規模の大小を問わず最も大切なものです。商品やサービスが本当に良いものなのかどうかは、礎となる理念を知ることによってある程度見極めることができます。塾・予備校選びだけではなく、受験する学校や教員、就活対象の企業・団体とその社員・職員、契約しようとしている企業とその商品・サービス、投票する政党や政治家など、行動が掲げた理念通りであるかどうかは大いに注目すべきポイントです。

さて、当塾の理念の一つ目の意味ですが、本来、教育の目的は英数国理社の成績を上げることではありません。志望校に合格することでもありません。それらは末学といい、知識の習得にすぎません。だから、成績優秀者が人間としても優秀であるとは限らないのです。優秀な成績を修め、一流の大学を卒業し、官民を問わず影響力の大きな組織の要職について、悪事に手を染めて多くの人々に不幸をもたらす人が多すぎるとは思いませんか?偏差値至上主義や学歴至上主義は日本人を経済的にも精神的にも貧しさへと追い込んでいます。末学に優れていることを否定はしませんが、本学、つまり、「人としてのあり方」や「人生の目的」についての学びが非常に未熟であることに気づかなければなりません。本学を第一として学び続けることは幸せな人生を生きるために必要不可欠なのです。日本人が持つ素晴らしい精神に「大和魂」があります。「大和魂」とは、争いをせず、お互いのことを思いやり、みんなで仲良く力を合わせて生きていく心です。自然を愛し、自然と共に生き、縄文の時代から持続可能な世の中を築いてきました。「武士道」も日本人の道徳心の基にあるものです。何があっても他人のせいにせず、卑怯なことをせず、自分の強さを弱い者のために使うこと、刀は人を切るためのものではなく、自分を律する象徴であり、刀を抜かないのが強く美しい生き方。桜のごとく美しく潔い、それが「武士道」です。強く、正しく、思いやりのある心を磨き続ける生き方、それが「大和魂」を持つ美しい日本人です。教育の目的は自立へと導くことであり、人生の目的は魂を成長させることなのです。これが溝の口満点塾の中心にある理念です。理念の一つ目では、あり方(Being)が中心となっています。

理念の二つ目は、授業で教えてもらうことや、試験の範囲を暗記することばかりが勉強ではありません。それらは受け身的学習といって初心者に対しては必要なことですが、深い理解を得るような効果は期待できません。授業後に、自分で調べたり、考えたり、工夫したりする中で、大切なことに気づいたり理解することができるのです。それが能動的学習です。能動的学習を行う人の物事に対する姿勢は受け身的学習だけの人とは全く異なります。勉強の仕方が能動的なら、考え方も能動的になります。能動的な人は自分のことは自分でやるのが当たり前ですから、結果に対しても自分の責任と捉えます。自分の人生の主役は自分であると認識して人生を歩むことができるでしょう。一方で、受け身的な人は他人のせいにして悪口を言い、自分には責任がなくむしろ被害者だとさえ思っている。人生を嘆きながら生きてゆくことになるでしょう。大抵は能動的な人が好かれ尊敬されます。だから能動的な生き方のほうがいいのです。そのためには「自分の頭で考えること」これが非常に大切です。自分で考えなければ成績は変わりません。ほとんどの人が成績を上げたいと言いつつも無意識に同じ行動を繰り返すため、結果を変えることができていません。人間の思考・感情・行動の95%が無意識に行われています。だから「考える」こと自体を意識的に行うことが大切なのです。幼い子どもたちを見ていると大人の真似をして何でもやりたがります。注意深く大人のやることを観察し、どうしてそうなるのか考えながら夢中になって試行錯誤を繰り返しています。つまり子どもたちは本来能動的学習者であり、そこに喜びも楽しさも見出すことができるのです。溝の口満点塾では、正しい勉強のやり方を指導し、思考力、判断力、読解力、表現力を伸ばすために塾長が直接個別でコーチングを行います。コーチングは対話的で深い学びを引き出します。理念の二つ目では、やり方(Doing)が中心となっています。

理念の三つめですが、勉強することや働くことによって世の中の役に立ち人を幸せにすることができたのなら、それが本物の自己成長です。そしてその叡智を次の世代に継承することが大切です。受け取る者も受け渡す者も、そこに感謝の気持ちがあれば必ず感動が生まれます。その感動がリレーして世の中が良いほうに向かっていくことを願います。溝の口満点塾は、人財を育てることで世の中に貢献します。理念の三つ目では、結果として得るもの(Having)が中心となっています。

溝の口満点塾では、Having⇒Doingという、結果から逆算してやり方を決めるということも行いますが、むしろ、Being⇒Doing⇒Havingという、自己のあり方を高めてやり方を決めることを大切にしています。

溝の口満点塾の「経営哲学」

塾業とは、我々にとってはビジネスでも、顧客にとっては教育であり、地球と人類の未来にとっては慈善事業である

こんな方におススメします!

  • 映像授業が合わない
  • 集団授業が合わない
  • 大手塾が合わない
  • 個別指導が良い
  • 勉強しても成績が上がらない
  • 勉強のやり方に自信がない
  • 他塾と併塾したい
  • 自信を持てるようになりたい
  • 勉強する習慣を身につけたい
  • 体調を崩しやすい

溝の口満点塾では「通塾」が基本のスタイルですが、家庭教師的な「出張コーチング」や「オンライン指導」も行っています。また、通塾とオンラインを組み合わせた「ハイブリッド」も可能です。オンライン指導なら全国どこでも大丈夫です。お気軽にご相談ください。

プロフィール

溝の口満点塾 塾長 加藤洋一

プロフェッショナル教育コーチ。大学受験指導歴26年。2009年12月に溝の口満点塾の前身となる「PALETTE溝の口本校」を立ち上げ、塾長に就任。開校1年目から東京大学に合格者を輩出し、2年目には高校2年生から千葉大学への飛び級合格を達成。全国教育コーチングコンクール3年連続優秀賞受賞、日本教育コーチング大賞金賞受賞など、教育者としての実力を評価される。卒塾生は大学で優秀な成績を収める者が多く、国連の職員として働く者や、世界記録を持つ赤ちゃん銀河を発見した者もいる。医学部受験専門の予備校の業務にも携わったのち、2014年に独立。2017年から「溝の口満点塾」として個人塾を始める。2019年から「東大生が創る予備校t-Live」の事業部長に就任し、3年間で60名の東大生講師を育成する。指導した東大生からは外務省や財務省、金融庁、東京都、楽天、野村證券などへ就職した者もいる。できる人とできない人の違いを理解しており、できる人の考え方ややり方を指導しながら、その子の良さを引き出していく指導方法に特徴がある。

受賞歴

2012年 全国教育コーチングフェスティバル 教育コーチング実践成果コンクール 認定校部門 優秀賞受賞

2013年 全国教育コーチングフェスティバル 教育コーチング実践成果コンクール 認定校部門 審査員長特別賞受賞

2014年 全国教育コーチングフェスティバル 教育コーチング実践成果コンクール 認定校部門 優秀賞受賞

2018年 日本教育コーチング大賞 個人部門 金賞受賞

合格実績
(入学した大学・学部学科・高等学校のみ掲載)

指導実績
(卒業までお預かりした生徒さんの学校)

指導内容・料金

高校生・高卒生

一般選抜

総合型選抜

学校推薦型選抜

大学入試対策

心技体

中学生

知識・技能

思考力・判断力・表現力

学びに向かう力・人間性

 高校入試対策

心技体

保護者支援

親の心得

家庭での子どもへの接し方

子育てのお悩み相談

コーチング

愛情・信頼・尊重

教育関係者支援

教育現場でのお悩み相談

コーチング

アクティブラーニング

保護者対応の相談

守破離

生徒・保護者・教育関係者の声

生徒の声 H.Kさん(私立高校)

高校の定期テスト数Ⅲで満点を取りました!満点は私一人だったこともあって、数学の先生からめちゃめちゃ褒められました。こんな経験は初めてです。私はこの塾のことは秘密にしておいて誰にも教えたくありません(笑)

保護者の声 H.Kさんのお母様

高校入試に失敗して自信を失っていた我が子がすっかり立ち直り、自信を持って勉強に打ち込み、結果もついてくるようになりました。加藤先生のお陰で本人の可能性が広がりました。

T塾 教室長 T.Tさん

個別指導を見学させていただき、私が目指していた指導の完成形を目の当たりにして衝撃を受けました。ここで働きたいと思ってしまったくらい(笑)魅力的な塾でした。

生徒の声 Y.Sくん(私立高校)

私は高校受験に失敗し、滑り止めで入った高校でも中間テストの英語が18点しか取れず、自信も意欲も失って不登校になりました。困り果てた両親がこの塾へ私を連れてきて入塾することになりました。全く期待していなかったのですが塾長のコーチングを受けると自分の内面が変化してくのがわかりました。英語の学習も楽しくなり、4ヵ月後には自らの意志で登校し、全国模試で偏差値74.4を出して校内でも1位になりました。この塾に入っていなかったら私は腐ったままだったと思います。紹介してくれた両親と、私を指導してくれた塾長に感謝したいです。

保護者の声 K.Kくんのお母様

毎月の三者面談をとても楽しみにしています。不安や疑問にじっくりと向き合っていただけるので、面談後はとてもすっきりした気持ちになります。満点塾は、何でも話せる安心安全な場で、親も成長できていることが実感できる塾です。なかなか納得のいく塾が見つからず、1年探してやっと巡り合いました。本人は考え方の甘いところがたくさんありますが、先生のことを信頼しているようです。次回の三者面談も楽しみにしております。

K高等学校 A.S先生

指導見学では、とても充実した時間を過ごさせていただきました。どれも勉強で気づきがあり印象深いのですが、特に印象的だったのが特訓の時間です。加藤塾長の温かい眼差しのもと、のびのびと発言し、自由に感じ、自由に考える生徒たちの姿は忘れません。学校や家では経験できない、満点塾だからこそ経験できることをやれている彼らがとてもうらやましくなりました。人は環境や出会う人によって影響を受けるので、満点塾に入り、塾長と出会い、新しい自分に出会えた彼らはとても幸せだろうと思いました。満点塾はまさに松下村塾だと思います。現代の松下村塾はここにあったか!と感じました。

溝の口満点塾 Special Movie