大学入試が異常に難しくなった理由

2018年大学入試は過去30年で最も難しかった

2018年大学入試は異常なほど難化した。特に私大入試は、例年なら“余裕で”合格圏の大学でも不合格となるケースが相次いだ。都内の高校では、合格実績の公表を取りやめたところさえある。

この異常なほどの難化は2017年から始まった。

原因は「入学定員の厳格化」

大きな理由は、2016年から始まった「入学定員の厳格化」だ。これは、一定の基準よりも多く学生を入学させると、国から大学への補助金が不交付になる制度。

その基準が特に私立の大規模大学で、2018年はさらに厳しくなった。そのため、大学入試で合格者を多く出せなくなってしまったのだ。

結果、2018年入試では最難関(早慶上理)・難関(GMARCH、関関同立など)の私立大学では合格者を絞り込むことになり、それが波及して中堅(日東駒専など)私立大学の倍率、難度が急上昇した。

さらに、安全圏が読めない状態は、難関私大や中堅私大の志願者が、例年よりも中堅以下の大学まで併願することに繋がり、どの大学を受けてもワンランク高い難易度になった。

かつては浪人生が少なかった高校でも、驚くほど増加した。

2019年はさらに難化する

2019年、2020年とさらに難化することは避けられないだろう。

「入学定員の厳格化」に加え、今後は政府の方針で大都市部では学部・学科新設ができないのだ。定員枠の増加は見込めないところに、2018年入試で「浪人生」が増えた。倍率、難度はさらに上昇する。

大学全入時代とはいっても、希望する大学へ合格するのは以前よりもずっと難しいのだ。

それでも合格したければ

「大学には行きたいけど勉強したくない」という人は、その考え方を改めなければ道は開けないだろう。

高校入試と大学入試は全く違うのである。例えば神奈川県の公立高校入試で倍率が2倍を超えるところは無い。1.5倍なら相当高い。つまり出願した高校に合格する確率の方が高い。ところが大学入試は低いところでも3~4倍、高ければ30~40倍というのもある。だから落ちる確率の方が圧倒的に高い。大学入試において、第1志望に合格できたなら「大成功」、滑り止めでも合格すれば「成功」と考えるべきだろう。

こんなに競争が厳しいのだから「勉強したくない」と言っているだけで負けるのは目に見えている。考えてもみてほしい。「勉強したくない」という人を歓迎する大学や教授がどこにいるのだろうか。

「今の時代、大学くらいは出ていないと」という動機では弱い。「勉強したい」というごく当たり前の意欲があるかどうかが、厳しい大学受験を突破するための最低条件ではないだろうか。

スポンサーリンク