高校生

大学受験【一般・推薦・AO】

高校生ための大学受験指導

大学入試対策は大きく分けると、「一般入試対策」と「推薦・AO入試対策」の2つに分かれます。一般も推薦・AOも両方受験するというのは上手くいかないケースがほとんどです。なぜなら、それぞれの準備には相当な時間がかかる上に、内容も全く異なるからです。

「一般入試」と「推薦・AO入試」の違い

それぞれの入試の特徴と対策を簡単に説明します。

一般入試の特徴と対策

  • 国公立大学や私立大学で入試方式が異なる。
  • 国公立大学は「センター試験」と「個別試験(2次試験)」を受験し、合計点で合否判定を行うところが多い。ただし、大学によっては「2段階選抜」を行う場合もあり、センター試験の得点が基準に満たなければ不合格となる。
  • 私立大学は多種多様な入試方式がある。「センター方式」「一般(個別)方式」「全学部統一入試」「2科目型」「3科目型」など、それぞれの入試方式ごとに定員がある。英検などのスコアを英語の試験のかわりに使用する大学もある。
  • センター試験の得点はかなり重要である。全国平均点は6割程度だが、有名な大学へ合格するためには8割以上、東京大学や医学部ならば9割以上は必要と考えた方が良い。尚、人気のMARCHにセンターで合格するためには9割でも危ない。日東駒専も8割は必要と考えた方が無難。
  • センター試験は試験時間に対して文章量や問題数が非常に多い。その対策として「速読力」を身につける必要がある。
  • センター試験は得意教科では満点を狙う。そのために範囲の狭い高校の定期テストなら満点を取れるようにする。
  • センター試験も個別試験も基礎学力が不足していると全く得点が伸びないので、教科書レベルを完璧に身につける。
  • 大学によって個別試験の出題傾向や解答方式が異なる。その対策として、入試問題の分析と研究を十分に行い解けるようにトレーニングを重ねる。受験する大学を早く決めた方が、傾向対策に時間をかけられるので有利になる。将来のビジョンを考えたり、大学のことを調べたり、オープンキャンパスに参加するのは3年生からでは遅いと考えた方が無難。
  • 「志望校を決める」「受験勉強を早く始める」「基礎を完璧に身につける」「出題傾向の対策を行う」「できると信じてやり続ける」そして「意識を高校生から受験生に切り替える」これらが合格するために大切なことです。

一般入試対策におススメの指導

溝の口満点塾では、一般入試対策の指導は以下の4つがあります。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

  1. パーソナル・コーチング
  2. 特訓
  3. 速脳トレーニング
  4. 特別講座

入塾に関するお問い合わせはこちら

推薦・AO入試の特徴と対策

  • 推薦入試・AO入試ともに大学や学部・学科によって出願条件や入試内容に違いがあるので、希望する大学のホームページや入試要項などで良く調べておくこと。
  • 公募推薦(一般推薦)において、応募資格に「内申点3.8以上」などと条件がある場合、当然条件を満たしていなければならないが、最低条件プラス0.3以上必要と考える方が良い。例えば3.8以上の条件であれば4.1以上が望ましい。不合格になるのは最低条件プラス0.3未満だった生徒がほとんどである。
  • AO入試などで応募資格に「内申点は問わない」などと学力を考慮しないで、人間性や意欲・適性を合否の判断基準にする入試があるが、実際に合格した生徒は内申点の高い生徒に集中しており、内申点が低い生徒の場合は特に優れた能力を証明する活動実績がある。よって、内申点を問われないからという理由でAO入試や自己推薦入試を選択するべきではない。高校の成績が平均かそれ以下なら、一般受験を選んだ方が合格の可能性は圧倒的に高い。
  • 推薦・AO入試で大学進学を目指すのなら、高校入学と同時に準備を始めます。まず内申点を上げるために日々コツコツ勉強を継続することが何よりも重要です。それからエントリーシートや自己推薦文などに自己PRとして記載できる活動に打ち込んで結果を出していきます。活動内容が目指す大学・学部・学科で研究に力を入れている分野でなければほとんど評価されませんので、将来のビジョンを考えることが必要です。
  • 面接では自分の熱意をアピールするだけではなく、立ち振る舞いや挨拶、姿勢、表情、言葉遣いなども見られています。急にはできませんので、普段から意識して自分自身を躾していくと良いでしょう。
  • 最後は学力が決め手になります。学力が低いのは勉強をサボったからということは明らかですので、入学を許可するのは大学側にとってリスクが高いのです。

推薦・AO入試対策におススメの指導

推薦・AO入試対策なら以下の2つがおススメです。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

  1. パーソナル・コーチング
  2. 「小論文・志望理由書」対策講座

入塾に関するお問い合わせはこちら

入塾金

入塾金 33,000円(税込) ※入塾時のみ